【観察眼】中国復帰から25年の香港、安定のもとで美しい未来へ 07-01 16:43
世界のモノのインターネット市場規模は、2022年から2030年までの予測期間中に14%の 率(CAGR)で成長し、2030年には4,807億米ドルに達すると予測されます。 07-01 16:45
健康アプリ市場は、2021年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)19.5。で成長し、2030年には140億USドル(約1兆円)の年平均成長率を記録します。 07-01 16:42
スマート照明市場は、2021年から2030年までの予測期間において、年間合計成長率(CAGR)21%で成長し、2030年には 年間725億米ドルに達すると予測されています。 07-01 16:41
ワイヤレスマイク市場は、2021年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)5.5%で成長し、2030年には、5. 年間32億4,000万米ドルに達すると予測されています。 07-01 16:41
クラウドコンピューティング市場は、2021年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)19%で成長し、2030年には 年間2,147億米ドルに達すると予測されています。 07-01 16:41
防火システム市場は、2021年から2030年までの予測期間において年平均成長率7%で成長し、2030年には1,297億米ドルに達すると予測されています。 07-01 16:40
スマートパーキングシステム市場は、2021年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)22%で成長する見込みです。2030年には324億USドルに達すると予測されています。 07-01 16:40
ソーシャルメディアマネジメント市場は、年平均成長率(CAGR)24%で推移し、2030年には1,038億米ドルに達すると予測されます。 07-01 16:39
倉庫自動化市場は、2021年から2030年にかけて年平均成長率(CAGR)15%で拡大し、2030年には519億ドルに達すると予測されます。 07-01 16:39

「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き!

Record China    2017年2月17日(金) 8時20分

拡大

13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。写真は東京。

2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。

女性は、「歴史上、日本の軍国主義と中華民族には深い恨みがある」と日中関係の複雑さに言及し、「初めての海外旅行がまさか日本になろうとは思ったこともなかったし、もっと言えばそれが新婚旅行だなんて」と自分でも意外だったと告白している。

そして、日本旅行での出来事を紹介していく。まず印象深かったのは日本の秩序だといい、「関西国際空港に着いた時はすでに午後9時。預けた荷物を受け取るのにだいぶ長い時間待たないといけないんだろうなと思っていたが、意外にも私たちが出た時には荷物はすでにきれいに並べられていた。そこには日本人も外国人もいたが、噂に聞いていた秩序を感じた。こういう環境では、列に割り込もうなどと考える人がいたとしても、気が引けてできないだろう」としている。

空港で迎えてくれたガイドは40代くらいの台湾人男性だった。女性はガイドについて、「なかなかのイケメン。現在は大阪で妻と子どもと不自由ない暮らしをしているそうだ。日本が好きなことや現在の生活に満足していることが、言葉の端々から感じられた」とその印象をつづっている。初日に宿泊した大阪の中心部にあるホテルは、「部屋が狭かった」としながらも、「とても清潔で何から何までそろっていて、スペースの使い方もよく考えられていた。日本は国土面積が狭く、天然資源に乏しい国。道理で少しのスペースも無駄にしないわけだ」と納得した様子だ。

そして、今回の日本旅行で最も印象的だったことを「清潔」の二文字で表現。「地面にはごみは落ちてないし、ホテルに戻って靴底を見ても驚くことにまったく汚れていない。どうやってこんなことができるのか、まったくわからなかった。街中を走る大小の車、トラックでさえも洗車したばかりのようにきれいだった」と記している。また、観光バスに乗っていた時に何度か見かけた小学生の集団登校も気になったようで、「日本の子どもたちの間には、学年を超えた団結や友愛、互いに助け合う精神がある」と評している。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携