外国人に日本人と間違われたら、あなたは気分悪くなりますか―中国メディア

Record China    2018年8月1日(水) 22時20分

拡大

31日、中国メディアの環球網は「外国人に日本人と間違われたら、あなたは気分が悪くなりますか」とする記事を掲載した。資料写真。

2018年7月31日、中国メディアの環球網は「外国人に日本人と間違われたら、あなたは気分が悪くなりますか」とする記事を掲載した。

記事はまず「多くの西洋人の目には、中国人、日本人、韓国人は見分けがつきにくいようで、海外へ出かけた友人たちの多くが、外国人に日本人と間違われた経験がある」「自分も東南アジアで地元の人に『Japanese?』と聞かれ『No.Chinese.』と返したことがある」とした。

記事は、「こうした間違いについて、われわれ一般人はあまり気にも留めないのかもしれない。だが英国の外相が訪問先の中国で、中国人を日本人と言い間違えてしまったのなら、それは決まりが悪いことだ」とし、就任後初めて中国を訪れたジェレミー・ハント英外相が30日、中国の王毅(ワン・イー)外相に中国出身の妻を紹介する際、うっかり「妻は日本人です」と発言したことを取り上げた。

記事は、海外メディアの報道を引用し、「ハント外相は中国側に良い印象を与えようと、自分の妻が中国人だと説明しようとしたが、うっかり『妻は日本人です』と言ってしまい、その場の人たちを笑わせた」とし、これに対し、英紙ガーディアンは「気まずいデビュー」「ひどい失態」などの表現で伝え、英BBCもハント氏の言い間違いが「失言」に当たる理由として「中国と日本は積年のライバル」「妻のことなのに」「悪いステレオタイプに当てはまる」の3点を指摘したことを紹介した。

その上で記事は、「ハント氏の言い間違いについて、中国のメディアやネットは、それをからかいはしたが『責任を追求する』ほどのものではなかった。だが多くの西洋人にとって、中国人を他国人、特に日本人と間違えることは、とても申し訳ないことだと思うようだ」とし、海外の大手Q&AサイトのQuoraで、「私が、中国人のあなたを日本人と間違えたとしたら、あなたは怒りますか」という質問に、さまざまな回答が寄せられ議論が沸騰したことを紹介した。

記事は最後に、「いずれにしても、歴史的な理由があるからとか、ステレオタイプに当てはまるからということに関係なく、他の国の人と間違われるのは気持ちのいいことではないようだ」とし、数年前に南極100キロマラソンで優勝し、中国人として初めて7大陸のウルトラマラソンを完走した陳盆濱(チェン・ペンビン)さんが、海外でレースに参加するたびに日本人と間違われるため、ウエアや帽子、ドリンクケースなどすべての所持品に中国国旗を刺しゅうしたというエピソードを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携