日本が宇宙エレベーターの実験を始める=中国ネット「なんだかガンダムについて語っているような感じがする」

Record China    2018年9月18日(火) 6時40分

拡大

16日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、日本が宇宙エレベーターの実験を開始すると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

2018年9月16日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、日本が宇宙エレベーターの実験を開始すると伝えた。

記事は、「今月、日本は宇宙エレベーターのミニチュア版の実験を行う。これはエレベーターを宇宙空間で動かす世界初の実験だ。日本の科学技術チームは、2050年までに宇宙エレベーターの完成を目指しており、成功すれば乗客は3万6000キロ先の宇宙へ旅行できるようになる」と紹介した。

記事はまた、「研究開発を行っている静岡大学の能見公博教授によると、実験では10メートルの長さのスチール製ケーブルを使用して、10センチ四方の小型衛星とつなぐという。これをH2Bロケットで国際宇宙ステーションへ運び、ケーブル上でエレベーターの昇降機に見立てた箱をモーターを使用して移動させる計画だ。衛星に取り付けたカメラで記録し、実際の宇宙空間でどう動くかを確認するという」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「なんだか機動戦士ガンダムについて語っているような感じがする」「孫悟空の如意棒ですね」「これはスターウォーズ並みの信用度だ」「これはあくまで仮定であって、具体的な実行可能性は未知数」などのコメントが寄せられた。

また、「中国はまた日本に後れを取った」という意見もあったが、「乗る勇気のある人なんているのだろうか」「流れ星が当たったら壊れちゃうじゃん」「台風が来たらエレベーターは中国へ行っちゃうんじゃないか?」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携