<サッカー>ベトナム代表監督「中国が動けるのは最初の30分だけ。そこを耐えれば勝てる」

Record China    2021年10月7日(木) 20時20分

拡大

サッカー・ベトナム代表の朴恒緒監督は、W杯アジア最終予選B組第3戦の相手、中国代表について、「体力は30分しか続かない。最初の30分の攻撃を耐えられれば、われわれは勝てる」とコメントした。

サッカー・ベトナム代表の朴恒緒(パク・ハンソ)監督は、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第3戦の相手、中国代表について、「体力は30分しか続かない。最初の30分の攻撃を耐えられれば、われわれは勝てる」とコメントした。

中国のスポーツメディアの新浪体育によると、朴監督は、中国代表とシリア代表の強化試合の結果を受けてこう発言した。

中国代表はアラブ首長国連邦(UAE)のシャルジャで9月30日、シリア代表と強化試合を行い、1-1で引き分けた。

アジア最終予選で、中国は、日本、オーストラリア、サウジアラビア、オマーン、ベトナムと同じB組。6チームがそれぞれホーム&アウェー形式で10試合を行い、首位と2位がW杯本大会への出場権を獲得する。3位チームはA組(イラン、韓国、UAE、イラク、シリア、レバノン)の3位とアジアプレーオフを行い、勝利した国が大陸間プレーオフに出場する。

中国とベトナムはともに初戦から2連敗中。シャルジャで行われる中国対ベトナムのキックオフ時間は7日午後9時(日本時間8日午前2時)。

朴監督の発言について、中国のSNS上では、「30分しか体力が続かないなんて見くびるのもいい加減にしろ。35分は持つぞ」「初戦のオーストラリア戦は開始20分で足が止まり、立て続けに2失点した」「ピッチ外なら三日三晩大丈夫だ」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携