駅が丸ごと「ドラえもん」、中国ネットでも大好評!=新たな「聖地巡礼」のスポットに?

Record China    2019年3月3日(日) 19時10分

拡大

小田急線の登戸駅が先月26日、日本のアニメ「ドラえもん」デザインに改装された。中国版ツイッター・微博で複数のアカウントが写真を投稿するなど、注目が集まっている。写真は登戸駅。

(1 / 10 枚)

小田急線の登戸駅が先月26日、日本のアニメ「ドラえもん」のデザインに改装された。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で複数のアカウントが写真を投稿するなど、注目が集まっている。

その他の写真

登戸駅は「藤子・F・不二雄ミュージアム」の最寄り駅で、今回の改装は同駅やミュージアムへの集客が目的だという。ホームの駅名標がドラえもんをイメージした水色と白、そして赤いラインに黄色の鈴を配したデザインに変わり、エレベーターのドアには「どこでもドア」が描かれた。ごみ箱やトイレ、コインロッカーなど、構内の至る所にキャラクターの絵やシルエットが描かれたほか、ドラえもんの後ろ姿がデザインされたベンチもある。

中国のネットユーザーからは、「わあ!友達連れて行きたい」「超かわいい」「日本旅行に行きたいよ。すごくかわいい」「ここに住みたいくらい」「エレベーターがどこでもドア、好きだなあ」「2週間前に行った時はこんなんじゃなかった!」「これ最高でしょ。全部私が好きなドラえもん」「ドラえもんの思い出がいっぱい。ここに行って、思い出したい」などのコメントが寄せられた。

また、「もう一度行きたい!メーデーの連休までこのデザインのままかな?」「5月に行くけど、その時には撤去されてるとかないよね?」などと心配する声も上がっている。

中国でも大人気のドラえもん。増え続ける中国人観光客の「聖地巡礼」の新たなスポットになるか。(北田

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携