中国・新華社通信選出、2020年国際スポーツ「10大人物」に羽生結弦

Record China    2020年12月31日(木) 10時50分

拡大

中国国営新華社通信が29日発表した、2020年国際スポーツ「10大人物」の1人としてフィギュアスケートの羽生結弦が選ばれた。

中国国営新華社通信が29日発表した、2020年国際スポーツ「10大人物」の1人としてフィギュアスケートの羽生結弦が選ばれた。

同社のスポーツ部が選んだもので、5番目に羽生を挙げ、「2月の四大陸選手権の男子ショートプログラムで111.82点をマークして世界最高得点を更新するとともに男子シングルで優勝し、史上初めて男子シングルのスーパースラム(ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇)を達成した選手となった。国際スケート連盟(ISU)による2019-20シーズンの最優秀選手に選ばれた」と評した。

ほかに選ばれたのは、

(1)ルイス・ハミルトン(英国、レーシングドライバー)

(2)ラファエル・ナダル(スペイン、テニス)

(3)ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド、サッカー

(4)谷愛凌(中国、フリースタイルスキー)

(6)ユリマル・ロハス(ベネズエラ、陸上三段跳び)

(7)レブロン・ジェームズ(米国、バスケットボール)

(8)タデイ・ポガチャル(スロベニア、自転車)

(9)ノバク・ジョコビッチ(セルビア、テニス)

(10)アルマンド・デュプランティス(スウェーデン、陸上棒高跳び)

新華体育の微博(ウェイボー)公式アカウントが伝えると、寄せられたコメントの多くが羽生の選出を祝うもので中国での人気の高さがうかがえる。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携