旭日旗や竹島問題でおなじみの韓国教授、キムチめぐり中国国連大使にもかみつく=韓国ネット「すばらしい」

Record China    2021年2月1日(月) 13時40分

拡大

29日、韓国・イーデイリーは、キムチ作りをする写真をツイッターに掲載した中国の張軍国連大使に対し、誠信女子大学の徐敬徳教授が抗議の書簡を送ったと伝えた。

2021年1月29日、韓国・イーデイリーは、キムチ作りをする写真をツイッターに掲載した中国の張軍(ジャン・ジュン)国連大使に対し、韓国の誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が抗議の書簡を送ったと伝えた。

キムチをめぐっては、中国が主導して進めていた「泡菜(パオツァイ)」の国際標準の最終案が国際標準化機構(ISO)で批准されたことを受け、韓国で「キムチ文化が奪われる」との懸念の声が上がり、韓国政府が「キムチとは無関係の中国の塩漬け野菜・泡菜に関するもの」と説明する事態に発展。徐教授は「旭日旗」や竹島問題などでの日本への抗議でもおなじみの人物だが、中国のオンライン百科事典のキムチに関する記述に抗議のメールを送り、修正させるなどしている。

徐教授は自身のツイッターで「中国政府のアカウントとして運営されているツイッターに、まるでキムチが中国文化であるかのようにキムチを漬けている写真を載せ、論争を起こした張軍国連大使に抗議の手紙を送った」と明かした。

手紙では「中国の外交的成果を宣伝する窓口として使われていたSNSに唐突にキムチを広報する内容を載せたのは、腹の中が透けて見える行動だ」と指摘し、「ユネスコは2013年に韓国のキムジャン(キムチ漬け)文化を無形文化遺産に登録した。既に世界はキムチが韓国の代表料理であることをよく知っている」と強調したという。

張軍国連大使は今月3日にツイッターにエプロンとゴム手袋姿でキムチを手に持つ写真を投稿し、「冬の生活も色鮮やかで楽しくなる。その方法の一つが自分で漬けたキムチを食べること。そんなに難しくはない。友人たちもとてもおいしいと言ってくれた」などと書き込んでいた。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「中国には本当に嫌悪感を抱く」「中国らしいな。国土は広くてもやることと心は小さい」「他にアピールすることがないのかね」「中国大使も愛する韓国キムチ」「他国のものなのに宣伝してくれるなんて、よほどキムチが好きなんだね」など中国への批判的なコメントが殺到している。

また「徐教授はすばらしい大韓民国人だ」「徐教授、日本だけじゃなく今度は中国まで。お疲れさまです」という徐教授への称賛と「政府は抗議すらできずにいる」「この国に外交部はないのか?」「外交力がないと奪われてしまう」という文政権への不満の声も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携