ミャンマー情勢が中国のレアアース戦略を乱す可能性―仏メディア

Record China    2021年2月17日(水) 8時20分

拡大

15日、仏国際放送局RFIは、ミャンマー情勢の混乱が中国のレアアース戦略を乱す可能性があると報じた。写真はヤンゴン市。

2021年2月15日、仏国際放送局RFIは、ミャンマー情勢の混乱が中国のレアアース戦略を乱す可能性があると報じた。

記事は、香港紙・明報の15日付報道を引用。まず、レアアースの中でも元素が重い重レアアースは特に貴重で、レアアース埋蔵量全体の1%にも満たない量であり、なおかつその90%が中国に集中していると説明した。

そして、「少ない埋蔵量に対してその利用価値は非常に高く、採掘制限を設けなければすぐに枯渇してしまうと判断した中国が2017年より大幅に重レアアースの採掘量を制限し、その一方でミャンマーからの重レアアース輸入を増やした」と説明。「その結果、ミャンマーは18年時点で中国の生産量にほぼ肩を並べる2万5800トンの重レアアースを中国に輸出するほどの主要な重レアアース生産国になった」としている。

その上で、昨今のミャンマー軍によるクーデーターについて、国連が軍に対する制裁の検討に入ることは確実とみられ、仮に中国もミャンマー軍への経済制裁を支持すれば、ミャンマーからの重レアアース輸入が今後どうなるかはわからないと指摘。このため、「現在の情勢は中国にとっては非常に気まずいのである」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携