青海省、年産16万トン高エネリチウム電池材料生産ライン建設へ―中国

人民網日本語版    2021年4月9日(金) 8時50分

拡大

青海泰豊先行リチウムエネルギー科技有限公司は3月25日、年産16万トンの高エネルギー密度リチウム電池材料スマート製造拠点プロジェクトの建設を開始した。写真は西寧市。

青海泰豊先行リチウムエネルギー科技有限公司は3月25日、年産16万トンの高エネルギー密度リチウム電池材料スマート製造拠点プロジェクトの建設を開始した。これにより、リチウム電池関連産業の低炭素循環型発展が促進される。科技日報が伝えた。

同社の高力(ガオ・リー)会長によると、リチウム電池産業市場は今後5-10年で急成長期を迎え、世界はTWh(テラ・ワット・アワー) 時代に突入する。試算によると、これは220万トンの正極材料、80万トンの炭酸リチウムを必要とする。一方で、世界の2020年の正極材料の生産量はわずか約70万トン、炭酸リチウムの生産量はわずか約30万トンしかなかった。これらの供給の大きな不足は、川上材料の爆発的な成長をもたらすだろう。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携