中国新疆の対テロ挑戦5:新疆のインターネットセキュリティー部門に潜入

CRI online    2021年4月9日(金) 18時26分

拡大

長い間、繰り返し禁止されながら、新疆ウイグル自治区でのテロ事件が絶えないのはなぜなのか?

長い間、繰り返し禁止されながら、新疆ウイグル自治区でのテロ事件が絶えないのはなぜなのか?

CGTN(中国グローバルテレビジョンネットワーク)は4月2日、対テロドキュメンタリー「底流でうねる-中国新疆のテロへの挑戦」を再び公開しました。これは同シリーズのドキュメンタリー第四弾で、過激主義思想と中国新疆のテロ取り締まりが直面している内部的、外部的な課題をより力を入れて暴き出しています。ドキュメンタリーは国内外の過激思想と分裂勢力のぞっとするような浸透方式を重点的に語りながら、「両面人」、「問題のある教材」や「テロ映像の散布」などを含め、こうした過激思想と分裂勢力が新疆の人々にもたらした死亡事件、傷害事件などを暴きます。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携