韓国国政介入事件の朴前大統領友人、強制わいせつで刑務所職員らを告訴=ネット「まだ統治者のつもり?」

Record China    2021年4月13日(火) 11時20分

拡大

12日、韓国・世界日報によると、朴槿恵政権の「国政介入」事件を主導した罪で懲役18年の宣告を受け服役中の崔順実受刑者が、清州女性刑務所の所長と医療課長を告訴した。資料写真。

2021年4月12日、韓国・世界日報によると、朴槿恵(パク・クネ)政権の「国政介入」事件を主導した罪で懲役18年の宣告を受け服役中の崔順実(チェ・スンシル)受刑者が、清州(チョンジュ)女性刑務所の所長と医療課長を告訴した。崔受刑者は現在、崔ソウォンに改名している。

記事によると、崔受刑者は韓国経済新聞のウェブサイト「韓経ドットコム」に自筆の手紙を送り、所長と医療課長を強制わいせつ、職務放棄、職権乱用などで大検察庁に告訴したと明らかにした。

崔受刑者は手紙の中で「医療課長は年上の受刑者らに対しても言葉遣いが悪い」「医療課長の言葉に従わないと治療を受けることができない」「治療後、むしろ症状が悪化した」「腰が痛いと訴えたのにズボンを脱げと言われ、尻の下まで下着を下ろされた」「何か分からない薬で治療され、尋ねても答えない」「驚いて所長に建議したが、全く改善されない」「刑務所側は通常の医療行為だと主張しているが、多くの病院に通った自分でも、このような治療は受けたのは初めてだ」「刑務所内で問題を起こすと『象注射』を打たれる。受刑者は半ば失神したような状態になる」「医療課長の診察でわいせつ行為があったが、所長はこれを黙認した」などと主張しているという。

刑務所側は「医療行為のために服を脱ぐよう言っただけ」「象注射に関する主張も事実無根」だとして、崔受刑者の主張を否定しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「怪しい薬だ、わいせつ行為だと文句を言うのだから、治療するのをやめたらいい。不愉快なニュースだ」「罪人に敬語で話す刑務所がどこの国にある?」「尻に注射するのにズボンを脱ぐのは当然だろ」「まだ自分が統治者の地位にいると錯覚しているようだね」「まだ目を覚ましてないのか。もっと厳しい刑務所に移してやるといい」「監獄は高級ホテルじゃないぞ」「刑務官たちも大変だな」など、厳しい声が殺到している。

一方、「崔順実は嫌いだけど、刑務所内の人権侵害や違法行為は是正すべきだ」「年を取ったら羞恥心を持ってたらいけないと言うのか?。患者がそう感じたのだから、気を付けるべきだ」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携