山東省にある小さな村が、韓国人のキムチ自由権を掌握しコントロールしている―中国メディア

Record China    2021年4月18日(日) 23時0分

拡大

中国のネット上にこのほど、「中国山東省にある小さな村が、韓国人のキムチ自由権を掌握しコントロールしている」とする記事が掲載された。写真は仁兆鎮。

中国のネット上にこのほど、「中国山東省にある小さな村が、韓国人のキムチ自由権を掌握しコントロールしている」とする記事が掲載された。

中国山東省にある小さな村とは「仁兆鎮」のことで、記事は韓国Edailyの報道を引用し、「2020年に韓国が輸入したキムチの99%が中国からの輸入で、その8割が仁兆鎮から来たものだ」とした。

記事は、「韓国のキムチ宗主国の地位が、山東省の小さな村によって揺らいでいる原因の大部分は、韓国国内ではたびたび異常気象でキムチの材料であるハクサイが不作となり価格が高騰していることから来ている」とし、「韓国はハクサイとキムチを中国からの輸入に頼らざるを得ない状況が続いている」とした。

記事によると、2017年に韓国でキムチの貿易赤字が4728万ドル(約52億円)と統計開始以来の最大となり、キムチ輸入量の99%が中国からの輸入だったことを受けて、韓国・聯合ニュースは「キムチ宗主国の恥辱」と報じたという。

記事はさらに、「中国産キムチが市場を支配しているというジレンマに直面した」韓国政府は18年に「キムチ産業振興計画」を打ち出し、5年後までに国産キムチの比重を5%以上拡大することを目標に掲げたことも取り上げた。

一方で、仁兆鎮については「村民らの最大の関心事は朝鮮半島の状況だ。起床してすぐにスマホの天気アプリを開き、韓国上空の雲の状況とリアルタイムの天気を調べることを日課としている。なぜなら韓国の天候の変化は、小さな村全体の経済的命脈に影響を及ぼすものだからだ」とした。

また、仁兆鎮で栽培されているハクサイの品種は韓国で栽培されているものと同じであることや、地元の協同組合による農家への有機肥料や農薬の配送の標準化モデルによって品質が保たれていること、韓国人の口にあうキムチを製造できる技術力もあること、山東半島と朝鮮半島との距離的な近さなどにより製造されたキムチは最短で4日後には韓国人の食卓に上るようになっていることなどを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携