キムチや韓服で中国と舌戦の韓国、ドラマから「中国要素」を削除―中国メディア

Record China    2021年4月16日(金) 18時20分

拡大

来月の放送開始を予定する韓国ドラマ「九尾の狐とキケンな同居」で、中国商品の登場シーンが見直されることが分かった。写真はキムチ。

来月の放送開始を予定する韓国ドラマ「九尾の狐とキケンな同居」で、中国商品の登場シーンが見直されることが分かった。

中国メディア・観察者網に14日掲載された記事によると、中国ブランドの商品を小道具として登場させて宣伝する「プロダクトプレイスメント」が「最近の韓国国内の反中感情の高まり」が原因で取り止めになる。

記事は「特筆すべき点」として、このドラマに中国の動画配信サービス・愛奇芸(iQiyi)が投資していることを指摘し、先日は「中国資本が投入されている」として韓国のネット上で話題を呼んだと説明。ネットユーザーからは「宣伝のために中国の商品が非常にぎこちない形で登場するのではないか」との意見が寄せられたといい、こうした意見の背景にはキムチや韓服などをめぐる中国ネットユーザーとの舌戦による反中感情の高まりがあると伝えた。

制作会社は見直しの理由を説明していないもようだが、複数の韓国メディアはこれまで多くの韓国ドラマが中国商品のこうした宣伝のためにネット上で批判を浴びたことに言及したという。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携