ゴン・ジュンとチャン・ジァハンは「天命のコンビ」、「山河令」プロデューサーが胸中を明かす

anomado    2021年6月10日(木) 10時50分

拡大

放送終了から2カ月以上たったにもかかわらず、SNSで熱く語られているドラマと言えばチャン・ジァハンとゴン・ジュン主演の「山河令」だ。

放送終了から2カ月以上たったにもかかわらず、SNSで熱く語られているドラマと言えばチャン・ジァハン(張哲瀚)とゴン・ジュン(龔俊)主演の「山河令」。主人公・周子舒と温客行の美形すぎるビジュアルと武侠ロマンの沼にハマって「下山」できないドラマ中毒者は今も続出している。

「山河令」ファンの情熱に後押しされ、リー・ホンユー(李宏宇)監督は少し前のインタビューで「2人が再タッグを組めるように積極的に考えている」と明かし、ファンの間で話題を呼んだ。

一方、プロデューサーのマー・タオ(馬韜)氏は8日にとあるフォーラムに出席した際、ゴン・ジュンとチャン・ジァハンの初対面を振り返りながら「ゴン・ジュンは人見知りでとてもシャイ、一方でチャン・ジァハンは明るいムードメーカー。早く役作りができるようにと、主演の5人を常に行動を共にさせた。最初の1週間はチャン・ジァハンが雰囲気を盛り上げようと頑張ったが、他の4人の反応は薄かった。それから徐々に慣れ始め、仲良くなってきた」と、秘話を明かした。

また、「ゴン・ジュンとチャン・ジァハンは選び抜かれた天命のコンビ」と称し、「『山河令』の続編は考えてない。5月のコンサートが別れの舞台」と、はっきり意思を表明した。このようなことから、2人の再タッグは、数年後、別ジャンルのドラマで実現するのではないかとの憶測が飛んでいる。

マー氏の「天命のコンビ」発言に対して、ドラマファンからは早速「周子舒を断ったマオ・ズージュン(茅子俊)と、温客行を断ったリー・ダイクン(李岱昆)に感謝!。チャン・ジァハンとゴン・ジュンが出演してくれたから素晴らしい『山河令』を見ることができた」「素直で真面目なジュンジュンと優しくて強いジァハンはみんなに愛されて当然」と、称賛のコメントが多く寄せられた。

ブロマンス好きな女性ファンだけでなく、武侠の魅力で男性ファンもとりこにした「山河令」。ドラマファンは周子舒と温客行の一挙一動を復習しながら、ゴン・ジュンとチャン・ジァハンの再タッグを今か今かと待ちわびている。(編集/RR)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携