圧巻!長さ98.8メートルの世界最長ドラゴンボートの進水式―貴州省

人民網日本語版    2021年6月11日(金) 22時10分

拡大

全国木製ドラゴンボート招待レース及び㵲陽河端午節伝統ドラゴンボートレースの関連イベントが9日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県で開幕した。

(1 / 8 枚)

全国木製ドラゴンボート招待レース及び㵲陽河端午節(端午の節句、今年は6月14日)伝統ドラゴンボートレースの関連イベントが9日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県で開幕した。がっしりとした体つきの男性約2000人が、世界最長の木製ドラゴンボートを担いで進水させる今回の目玉イベントでは、多くの観光客がその圧巻の光景を楽しんだ。人民網が各社の報道をまとめて報じた。

その他の写真

同日午後1時半、上半身裸の担ぎ手2169人が、大きな掛け声を上げながら98.8メートルのドラゴンボートを担ぎ、施秉老大橋の下の川に向かって、水舞雲台音楽噴泉広場を出発した。

その後ろには、少数民族の伝統衣装を着た1万人以上の女性が200組に分かれて、歌を歌ったり、ダンスを踊ったりしながら延々とねり歩き、街中が賑やかなお祭りムードに包まれた。

ドラゴンボートは98.8メートルと非常に長く、また広場から川までは2キロほどだったため、約2時間で行えると予定していた進水式だったが、実際には7時間以上かかってしまった。途中の曲がり角などが、ドラゴンボートにとって最大の難関となり、夜9時ごろになってようやくドラゴンボートはクレーン6台を使ってゆっくりと進水した。

この木製ドラゴンボートは、2016年に製造された77.8メートルのドラゴンボートをベースに改造されたものだ。このボートは当時、ギネス世界記録に認定された。改造後の長さは98.8メートルで、龍の頭の高さは約4メートル、幅は3.8メートル。ボディーは杉の木で作られ、前に長く伸びる龍の頭や尾は水楊柳を使って丁寧に作られ、非常にカラフルな仕上がりになっている。龍はひげが伸び、口には玉をくわえている。龍の首の後ろにはうろこが赤、黄色、青、白、緑などで描かれている。また、龍の頭から伸びる二本の角は、水牛の角で作られており、 国家の安泰、国民の平穏を祈る「国泰民安」、豊作を祈る「風調雨順」という言葉が書かれている。

施秉県の川は、豊富な水流を誇り、「中国漂城」と呼ばれている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携