青海省の新エネ発電出力、史上最高の994万kWに―中国

人民網日本語版    2021年6月17日(木) 5時50分

拡大

青海省の新エネ発電最大出力が9日午後0時23分、最大出力が994万kWに上り、史上最高を更新した。

国網青海省電力公司によると、青海省の新エネ発電最大出力が9日午後0時23分、最大出力が994万kWに上り、史上最高を更新した。うち風力発電は116万kW、太陽光発電は878万kW。新エネ発電出力が占める割合が79%に達し、当時の全省電力負荷の104%を占めた。新エネ発電は省全体の電力・電気量バランスを保ち、クリーンエネルギーの外部供給を効果的に支えた。科技日報が伝えた。

青海省は国の重要なクリーンエネルギー資源が豊富な省で、クリーンエネルギー開発の潜在力が高い。青海省は近年、習近平総書記の「青海省を国の重要な新エネ産業拠点に」に関する重要な指示の精神を真剣に貫徹・実行し、クリーンエネルギーモデル省の建設を行った結果、新エネ発電が急成長している。第13次五カ年計画(2016−20年)以来、青海省の新エネ設備容量が占める割合は30%から61%に上がり、全国一の割合となった。注目すべきは、青海電網の2020年の新規送電設備容量861万kWのすべてが新エネだったことだ。今年5月末現在の青海電網の総発電設備容量は計4050万kWで、うち水力発電は1193万kW、太陽光は1591万kW、風力は853万kW、太陽熱は21万kW。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携