配信2年後に「陳情令」のテーマレストランが登場?遅すぎるタイミングに疑問の声噴出―中国

anomado    2021年6月23日(水) 15時20分

拡大

2019年に配信された人気ドラマ「陳情令」のテーマレストランが、間もなく上海のショッピングモールでオープン予定との情報が流され、ネットで期待と疑問の声が相次いでいる。

2019年に配信された人気ドラマ「陳情令」のテーマレストランが、間もなく上海のショッピングモールでオープン予定との情報が流され、ネットで期待と疑問の声が相次いでいる。

レストランは現在内装工事が行われているとみられるが、現場が「陳情令」のポスターが貼られた仕切りに囲まれていて、「陳情令公認のテーマレストラン」の文字も印字されているため、ほぼ確定的となっている。また工事現場の規模の大きさから、レストラン内部は「蓮花塢」「雲深不知処」「莫家荘」などのドラマ舞台が再現されるとの見方が広がっている。

しかし、配信から2年後のレストランオープンに対してネットでは「共演者同士はもうあまり会ってないし、ブームもほぼ過ぎているのに、なぜこのタイミングで開業するのか理解しがたい」「冷めた飯をいまさら温めるの?」「CPファンとシャオ・ジャン(肖戦)、ワン・イーボー(王一博)それぞれのファンとの関係がめちゃくちゃ悪いので、『陳情令』と名乗っただけでけんかになるだろうね」など、疑問や否定的な意見が見られた。

一方でドラマファンからは「オープンはいつ頃?絶対行ってみたい」「来場写真をアップして自慢したい」「なぜ上海に?全国にチェーン店を展開してほしい」「お酒の『天子笑』やレンコンとスペアリブのスープも再現されるのかしら?」「具体的な場所はどこ?」など、期待の声が多く寄せられた。

「陳情令」は2年たった今も中国版ツイッター・微博(ウェイボー)をはじめとするSNSでの注目度は依然として高く、ほぼ毎日のように関連の話題が投稿されている。ドラマをきっかけに大ブレークしたシャオ・ジャンとワン・イーボーの活躍に後押しされて、レストランは開業と同時に観光スポットになると予測されている。(編集/RR)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携