代理母騒動の女優ジェン・シュアン、待ち受けるのは泥沼裁判―中国

anomado    2021年7月3日(土) 9時20分

拡大

代理母出産で生まれた子どもたちを育児放棄したことで、世間から激しく非難された女優ジェン・シュアンだが、主演ドラマや映画の放送中止により制作会社から相次ぎ訴えられていたことが明らかになっている。

代理母出産で生まれた子どもたちを育児放棄したことで、世間から激しく非難された中国の人気女優ジェン・シュアン(鄭爽)だが、主演ドラマや映画の放送中止により制作会社から相次ぎ訴えられていたことが明らかになっている。

中韓合作ドラマとして2016年に制作された「翡翠恋人(原題)」は、今年に入ってから「限韓令」の解除で放送解禁になると見込まれていたが、代理母騒動で出演作品がすべて当局の封殺対象となり、放送はほぼ不可能に。制作会社の海寧東開之星影視投資有限公司は今年2月、2億元(約33億円)に上る制作費用をめぐって上海の裁判所に損害賠償を求める訴えを起こしており、3月23日の1回目の開廷に続き、7月14日に2回目の開廷があると発表されている。ただ、ジェン・シュアン本人は米国で生まれた2人の子どもの養育権をめぐる裁判で3月に渡米しており、当日は出廷しないとみられている。

「翡翠恋人」のほか、ジェン・シュアンの主演ドラマ「絶密者(原題)」の制作会社もジェン・シュアンおよびジェン・シュアンが代表を務める九江羊群効応影視工作室を相手に訴訟を起こしており、1回目の開廷は8月19日になることが公表されている。ジェン・シュアンの出演ドラマと映画は数本に上ると言われ、すべての制作会社が訴訟を起こした場合、裁判は泥沼化するとみられている。

民事裁判のほか、二重契約書を使った「陰陽契約」による脱税疑惑も持ち上がり、今後は調査次第で女優ファン・ビンビン范冰冰)の巨額罰金よりも厳しい結末を突き付けられる可能性があると予想される。一方で、ジェン・シュアンが持つ、上海鯨谷座人工智能科技有限公司、上海艾芸信息技術有限公司、上海噶咕娯楽発展有限公司3社の株式合計1585万元(約2億7000万円)はすでに凍結されていて、巨額の賠償金や罰金の支払い能力にもスポットが当てられる。(編集/RR)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携