シャオ・ジャン主演「余生、請多指教」が再びオンエア延期か、“推し活”取り締まりの影響で

anomado    2021年9月5日(日) 12時0分

拡大

中国の歌手で俳優シャオ・ジャンが主演のドラマ「余生、請多指教」について、今月8日のオンエア予定が延期となり、別のドラマ作品と入れ替わったようだと中国メディア各社が報じている。

中国の歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)が主演のドラマ「余生、請多指教」について、今月8日のオンエア予定が延期となり、別のドラマ作品と入れ替わったようだと中国メディア各社が報じている。

陳情令」でブレークしたシャオ・ジャン、人気女優のヤン・ズー(楊紫)が共演する「余生、請多指教」は2019年11月のクランクアップ後、オンエア予定が何度か浮上しながら、そのたびに実現していなかった。その後、先月には再びオンエアの予定が公開され、湖南衛星テレビの夜のドラマタイム「金鷹独播劇場」で9月8日から放送スタートすることが明らかになっていた。

しかし今月3日から4日にかけて、「余生、請多指教」のオンエア予定が再び撤回されたようだと、新浪(SINA)や捜狐(SOHU)など大手ニュースサイトが相次いで報道。もともとは時代劇ドラマ「与君歌」の後を受けて放送予定だったが、湖南衛星テレビの番組表では、俳優チャン・シンチョン(張新成)主演のドラマ「光芒」に入れ替わっていることを、発見した多くのネットユーザーが報告している。また、「余生、請多指教」の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)公式アカウントも、先月中旬から更新されていないことも注目されている。

ニュースサイトの網易(Net Ease)では延期の理由について、中国当局が先月末から推進している「清朗」行動の影響ではないかと報じている。芸能人への“推し活”がますます熱狂的になる中、ファン・コミュニティーを取り締まり、ネットの健全化を図るためのこの措置は、今年6月に発表され、先月から本格的に始動したもの。2年近くもファンを待たせている「余生、請多指教」がオンエアとなれば、ネットでの盛り上がりは必定で、過熱しすぎるのを恐れての決定ではないかと報道している。

なお、もしも「余生、請多指教」が放送延期した場合、シャオ・ジャンへの影響は大きくないが、共演したヤン・ズーにとっては手痛い打撃になるとみられる。同じくオンエアを待機していた時代劇ドラマ「青簪行」は、共演のクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)の不祥事によって、このままお蔵入りする可能性も。19年夏にヒットした主演ドラマ「Go!Go!シンデレラは片想い」以来、2年にわたって新作ドラマが世に出る機会を失うことになる。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携