イメージ一新で再出発の「天天向上」、ワン・イーボーの司会者ポジションがワンランクアップ?!

anomado    2021年9月13日(月) 18時50分

拡大

番組の質の低下などで厳しい非難を浴びている中国の湖南衛星テレビ。8月にバラエティー番組「天天向上」の司会者、チェン・フォンに性的暴行疑惑が持ち上がり、解雇処分を表明した。写真はワン・イーボー。

番組の質の低下やスキャンダル続出で世間から厳しい非難を浴びている中国の湖南衛星テレビ。8月にバラエティー番組「天天向上」の人気男性司会者、チェン・フォン(銭楓)に性的暴行疑惑が持ち上がり、解雇処分を表明した。

他にも別の長寿番組「快楽大本営」の男性司会者による収賄疑惑やイメージキャラクターを務めるミルクティーブランドによる詐欺被害など、集計によるとさまざまな問題で今まで8人の人気司会者が局から追放されたと伝えられている。

このような冷たい風当たりの中で12日に放送された最新話の「天天向上」が「イメージ一新で再出発」のメッセージを発信したとして中国のネットで話題を集めている。この日の番組に登場したメイン司会者のワン・ハン(汪涵)は初めて“さっぱりひげなし姿”を披露したほか、ワン・イーボー(王一博)はチェン・フォンのポジションを引き継ぎ、ワン・ハンの左側に立った。

チェン・フォンのスキャンダル発生以降に収録されたこの日の番組は、ワン・イーボーが率いるダンスバトル番組の「這!就是街舞(ストリートダンス・オブ・チャイナ)」のメンバーらが登場し、「ストリートダンス少年親善試合」をテーマにプログラムを展開し視聴率を押し上げた。ワン・イーボーにとっては司会者のポジションがアップした他、「トップダンサー推進大使」の肩書を持つ自身の仕事に対する番組の後押しがうかがえる形となった。

番組におけるワン・イーボーのパフォーマンスに対してネットでは「ストリートダンスの歴史を知り尽くしている上、自身もかなりの努力家。本当にプロ!」「天天の舞台はまるでイーボーの実家」「イーボーのおかげでストリートダンスに興味を持ち始めた」など、ワン・イーボーの仕事を肯定する声や「『天天向上』がつぶれると思ったが、このように生還するのか!」「頑張れ!」などの応援の意見が多く寄せられた。(編集/RR)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携