英リレー選手がまたも陽性、中国の銅メダルの可能性高まる=「おめでとう蘇神」「金もあり得る?」

Record China    2021年9月15日(水) 16時20分

拡大

東京五輪の陸上男子4×100メートルに出場した英国選手が、ドーピング検査の検体Bでも陽性と判定された。繰り上げ銅メダル獲得の可能性が高まり、中国のネットが沸いている。

東京五輪の陸上男子4×100メートルに出場した英国のチジンドゥ・ウジャが、ドーピング検査の検体Bでも陽性と判定された。中国が繰り上げで銅メダルを獲得する可能性が高まり、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では関連ワードが1位に浮上している。

国際検査機関(ITA)は14日、ウジャの検体Bの検査結果が検体Aと同様に2種類の禁止薬物について陽性だったと発表した。ドーピング違反が正式に認定されれば、英国の銀メダルは取り消され、4位だった中国が繰り上がりで銅メダルを獲得することになる。

中国のネット上では、同大会で100メートル9秒83のアジア記録をマークし、同種目にも出場していた蘇炳添(スー・ビエンティエン)の悲願のメダル獲得を期待する声が多数寄せられており、「蘇炳添がオリンピックメダル獲得の可能性」が微博ランキングで1位となった。

コメント欄には「ああああ、蘇神(蘇炳添の愛称)の夢がついに実現するぞ」「先に蘇神の銅メダル獲得をお祝いしておこう」「蘇神、おめでとう!」「蘇神のために表彰式をやってあげてほしい」「おめでとう蘇神、おめでとう中国リレーチーム」などの声が寄せられている。

また、「よかった。これぞ公平公正だ」との声や、他国選手のさらなるドーピング違反を疑い「これで銅メダル。銀メダルにもチャレンジだ」「さらに詳しく検査すれば(中国の)金メダルもあり得るかもしれない」といった声も上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携