愛国映画の超大作「長津湖」が公開2日で100億円突破、11項目で過去最高マーク

Record China    2021年10月2日(土) 13時10分

拡大

中国映画「長津湖」が1日、公開からわずか2日で興行収入6億元(約103億円)を突破し、1日の興行収入や初日記録など11項目の新記録を樹立している。

中国映画「長津湖」が1日、公開からわずか2日で興行収入6億元(約103億円)を突破し、1日の興行収入や初日記録など11項目の新記録を樹立している。

10月1日の国慶節(建国記念日)の大型連休に合わせ、先月30日に封切りを迎えたのが、中国映画では過去最高の製作費13億元(約224億円)と報じられる超大作映画「長津湖」。1950年11月から12月にかけて、北朝鮮・長津湖の周辺で発生した国際連合軍と中国人民志願軍の戦い「長津湖の戦い」を描いた作品で、チェン・カイコー(陳凱歌)、ツイ・ハーク(徐克)、ダンテ・ラム(林超賢)と3人の有名監督が共同で担当し、制作している。

映画産業のデータベース・灯塔サービスのリアルタイムデータによると、「長津湖」は公開2日目となる1日の17時に興行収入が5億元(約86億円)を突破。さらに同日の23時のデータでは、6億2300万元(約107億円)を突破している。

このほか、「中国歴史映画の1日あたりの興行収入」や「中国歴史映画の公開初日の興行収入」をはじめ、「国慶節に公開の戦争映画の初日記録」といった11の項目で、早くも過去最高記録を更新している。

上映時間は176分と、3時間に及ぶ長編としても話題の「長津湖」だが、映画情報サイト・猫眼電影のデータによると、中国映画の上映時間ランキングでは13位に登場。「長津湖」より長い戦争映画は過去に4作品あり、1991~92年にかけて公開された「大決戦」シリーズはいずれも200分を超える大作となっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携