パフォーマンス中のドローン編隊、多くが制御不能になり墜落―中国・河南省

Record China    2021年10月3日(日) 20時30分

拡大

河南省鄭州市内の万達広場上空で2日午後9時ごろ、パフォーマンスを披露していたドローン編隊のうちの多数が、制御を失って墜落した。

河南省鄭州市内の万達広場上空で2日午後9時ごろ、パフォーマンスを披露していたドローン編隊のうちの多数が、制御を失って墜落した。責任者は機械の故障と説明したという。中国メディアの澎湃新聞などが伝えた。

ドローンは高度数十メートルで点燈して、編隊としてさまざまな形を形成するパフォーマンスを披露していた。突然にコントロールを失い、地上で見上げていた観衆に向かって次々に墜落したという。

現場で状況を撮影したという動画からは、観客とみられる「たくさん落ちて来るぞ」「コントロールを失った」などの声が聞こえてくる。観客のすぐ近くにドローンが落下した様子も撮影されている。

当初は、万達広場の関係者が「衛星からの信号が干渉を受けた」「悪意ある妨害の疑いあり」として警察に届けたとの報道があったが、澎湃新聞によると、万達広場側の責任者は改めて、ドローンの墜落原因は故障であり、「悪意ある妨害」との言い方には根拠がないと述べたという。

澎湃新聞によると同責任者は、パフォーマンスを行ったドローンは計200機であり、墜落したのはうち8機だったと説明した。この事故で死傷者は出なかった。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携