米朝首脳会談で通訳務めた韓国人男性、シンガポールで女性用トイレを盗撮し実刑判決=韓国ネットは怒り

Record China    2021年10月12日(火) 16時20分

拡大

シンガポールで女性用トイレを盗撮した韓国人男性が実刑を宣告された。資料写真。

シンガポールで女性用トイレを盗撮した韓国人男性が実刑を宣告された。10月12日、韓国メディア・マネートゥデイが報じた。

記事によると4日、シンガポールの裁判所は、シンガポール永住権の保持者であり国軍将校の男性(28)に対し、盗撮などの疑いで懲役22週の判決を下した。現地の裁判所とシンガポール紙「ストレーツ・タイムズ」は、男性の氏名や年齢、顔写真などを公開している。

男性は2月23日に超小型カメラ(ピンホールカメラ)を購入し、女性用トイレに設置。そのトイレを利用した被害者の女性がカメラを発見し、メモリーカードを取り外して内容を確認したところ、自身を含め女性3人がトイレを利用する姿と犯人の男性がカメラを操作する様子が映っていたという。

女性からの通報を受け、シンガポールの警察が捜査を行った結果、男性のノートパソコンからインターネットでダウンロードしたわいせつな動画178本と、スカートの中を盗撮した映像31本が発見された。男性は「わいせつなサイトで同様の動画を見て以来、2013年から携帯電話のカメラで女性のスカートの中を盗撮するようになった」とし、「撮影した映像をノートパソコンに移し、見直していた」と犯行を認めているとのこと。

男性はシンガポールで育っており、18年6月にシンガポールで開かれた米朝首脳会談では、シンガポール警察(SPF)所属として通訳も担当していたという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「韓国内だけでなく外国でまで何をしてるの?」「本当に恥ずかしい」「『K-トイレ盗撮』は、もはや韓国人のDNAに刻まれていると言える。恐らく世界最多でしょ」「懲役22週って何?。韓国系シンガポール人であって韓国人ではないよね」「韓国の品位をおとしめた罪で厳罰に処すべき」「死刑にしないとこういう人間は減らないと思う」など、怒りの声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携