中国産水素燃料電池フォークリフト、初の量産商業化を実現―中国

人民網日本語版    2021年10月13日(水) 8時50分

拡大

北京燕山石化は8日にセレモニーを開き、中国産水素燃料電池フォークリフト37台を正式に受け取り、生産・運営に投入し、既存の内燃機関フォークリフトとの置き換えを実現した。

北京燕山石化は8日にセレモニーを開き、中国産水素燃料電池フォークリフト37台を正式に受け取り、生産・運営に投入し、既存の内燃機関フォークリフトとの置き換えを実現した。これは中国産水素燃料電池フォークリフトの初の量産商業化を示している。中国新聞網が伝えた。

今回引き渡しされた水素燃料電池フォークリフトは、天津新水素動力科技有限公司と杭叉集団股份有限公司が共同生産したもので、天津新水素動力科技有限公司が新たに開発した「Titan3200X」水素燃料電池エンジンシステムを搭載し、車体は杭叉集団股份有限公司が製造している。主に燕山石化の保管・輸送工場の高圧・低圧パウダー、PIA包装倉庫、物質装備センター化学品倉庫エリアなどの運搬作業に用いられる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携