【CRI時評】地球生命共同体構築へ 「中国の主張」は方向性を示す

CRI online    2021年10月13日(水) 16時10分

拡大

中国の習近平国家主席は12日、「生物多様性条約」第15回締約国会議(COP15)の首脳会合にオンライン形式で参加して基調演説を行った。

中国の習近平国家主席は12日、「生物多様性条約」第15回締約国会議(COP15)の首脳会合にオンライン形式で参加して基調演説を行い、どのような地球という家を構築すべきか、どのように構築するか、中国はそれに向けて何をするかという一連の重大な問題について中国の主張を説明した。

生物多様性は、人類の生存と発展の基盤だが、かつてない速度で失われつつあり、人類にとって「どのような地球生命共同体を共に築いていくか」が、必ず答えを出さなければならない焦眉の課題となっている。

国連がエコ文明をテーマに開催した最初の世界会議で、世界は「中国の答案」を聞いた。それはすなわち、「人と自然が調和・共生し、経済と環境が協同して共に進み、世界各国が共同発展する地球という家を築く」というものだ。この目標達成に向けて、習主席は一歩進んで、「エコ文明の建設をけん引役として人と自然の関係に調和をもたらす」「エコなモデルチェンジを駆動力にして世界の持続可能な発展を助力する」「人々の幸せを中心に据えて社会の公平と正義を促す」「国際法を基礎に公平で合理的な国際ガバナンス体系を維持する」ことを提案した。

習主席は演説で、雲南省で先頃あったアジアゾウの北上と帰郷の旅にも触れた。これは、中国の生物多様性の保護における実りある成果の典型的な事例だ。中国では生物多様性の保護が国家戦略に引き上げられている。過去10年間の中国の森林資源増加面積は7000万ヘクタールを超え、世界最大となっている。

習主席は今回の首脳会合で、「中国は先頭に立って15億元(約264億円)を拠出して昆明生物多様性基金を立ち上げ、発展途上国の生物多様性の保護事業を支援する」「国家公園を主体とする自然保護地体系の構築を加速する」「重点分野と業界が炭素排出のピークアウトを実現していくための案と一連の保障措置を続々と発表する」「炭素排出のピークアウトや炭素中立、『1+N』の政策体系を構築する」ことなどを発表した。

こうした新たな取り組みは、中国が実際の行動で美しい中国の建設という目標に向かって前進し、世界の持続可能な発展を促すためにさらに多くのエネルギーを注ぎ込んでいることを示している。(CRI論説員)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携