シャオ・ジャンを「アジアのトップスター」と紹介、日本初放送の時代劇「斗羅大陸」予告編に反響

anomado    2021年10月15日(金) 16時20分

拡大

11月4日から日本初放送される俳優シャオ・ジャン主演の時代劇「斗羅大陸 ~7つの光と武魂の謎~」をめぐり、日本でのシャオ・ジャンの宣伝文句が中国で話題になっている。

11月4日から日本初放送される俳優シャオ・ジャン(肖戦)主演の時代劇「斗羅大陸 ~7つの光と武魂の謎~」をめぐり、日本でのシャオ・ジャンの紹介が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で話題になっている。

時代劇ドラマ「陳情令」で大ブレークを果たしたシャオ・ジャンが主演を務める同作は、ネット小説界で「王」と称される唐家三少の人気小説が原作のファンタジー時代劇。すでにコミック、ゲーム、アニメ化で成功したこともあり、ドラマ化も大きな話題となった。

微博で注目されているのは日本でのシャオ・ジャンの紹介。フォロワー500万を超えるあるブロガーは、日本で放送された同作の予告編でシャオ・ジャンが「アジアのトップスター」と紹介されたことを説明し、拍手の絵文字を付けて称賛。また、別の媒体が「陳情令で世界的なスターとなった」と紹介していることも併せて伝えた。

中国のファンからは「シャオ・ジャンは本当にスゴい」「シャオ・ジャンがまた世界を駆け巡る」「シャオ・ジャンの唐三(同作の主人公)は最高!」「アジアトップ!私は好き」「見たら興奮してきた」「『斗羅大陸』は本当に良い作品」「日本版の予告はやっぱり『中二病』感があるな。ははは」といった声が上がっている。

「斗羅大陸」は11月4日午後9時から衛星劇場で日本初放送がスタート。シャオ・ジャン主演の映画「ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。」(2019)も11月5日に衛星劇場で放送予定とあり、シャオ・ジャンファンには見逃せない作品放送が続く。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携