雲栖会議2021、自由に変形する液体金属が登場―中国

人民網日本語版    2021年10月22日(金) 14時0分

拡大

浙江省杭州市で行われた雲栖会議2021で、清華大学の科学研究者がずっしりと重たい銀色の液体を示した。

映画「ターミネーター」を見たことがあれば、液体金属ロボットのことを覚えているだろう。狭い隙間があれば、ロボットは液体に変形し、通過した後、元の形状に戻ることができる。

浙江省杭州市で行われた雲栖会議2021で、清華大学の科学研究者がずっしりと重たい銀色の液体を示した。研究者は、「液体金属はすでに幅広く使用されている。例えば、以前は手術をする際に石膏が用いられ、傷が癒えてから石膏を叩き壊していた。しかし、液体金属を使えばその必要はない。水を一滴垂らすだけで溶けてしまうので、石膏を壊す時のようにまた怪我をしてしまう心配がない」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携