羽生結弦、ロシア杯も欠場=中国ファン「よかった!」「神様、ユヅを守って」

Record China    2021年11月18日(木) 11時20分

拡大

フィギュアスケートの羽生結弦がグランプリ(GP)シリーズのNHK杯に続き、ロシア杯も欠場することが発表され、中国のファンからも心配や応援の声が寄せられている。

フィギュアスケートの羽生結弦がグランプリ(GP)シリーズのNHK杯に続き、ロシア杯も欠場することが発表され、中国のファンからも心配や応援の声が寄せられている。

羽生は12日から始まるNHK杯に出場予定だったが、練習で右足関節靱帯を損傷し欠場。17日に日本スケート連盟は「けがの回復が遅れているため」として、26日からのロシア杯も欠場することを発表した。

羽生は「応援してくださり、本当にありがとうございます。応援の声や想いに応えられるよう、全力で頑張っています。動きによっては痛みが出てしまいますが、日常生活では、痛みの影響がなくなってきました。まだスタートラインにはたどり着いていませんが、着実に前に進んでいきます。これからも、よろしくお願いいたします。がんばります」とコメントした。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で羽生のファンアカウントが中国語に翻訳してこれを伝えると、ファンからは「ああ。『日常生活では痛みがなくなってきた』って、けががどれほどひどかったか分かる」「まだスタートラインにたどり着いていない…足が早く良くなりますように!」「しっかり治してね」「落ち着いてけがを癒して。一歩ずつ前に進みましょう」「どうか早く回復できますように。待っています」などの声が寄せられた。

また、ロシア杯の欠場については「よかった!あなたの健康が第一だもの」「また羽生の演技が見られなくなったのは残念だけど、彼の健康を祈っている」「私は欠場でよかったと思う。コロナもあるし。今はけがを治すことに専念して、どこかの会場で4A(4回転アクセル)が見られることを期待しています」など、支持する声が相次いだ。

このほか、「しっかり治してね。何があっても信じてるし、応援してる」「神様、みんなの願いを聞き入れて、ユヅを守ってください」との声や、「オリンピックまでまだ時間がある。今のうちにしっかり治してね」と来年2月の北京五輪への出場を期待する声も上がった。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携