中国のスパコン応用チーム、ゴードン・ベル賞を受賞―中国メディア

人民網日本語版    2021年11月19日(金) 20時50分

拡大

現地時間18日午後に米ミズーリ州セントルイズで開催されたスパコン国際会議「SC21」において、国際計算機学会が2021年度のゴードン・ベル賞を中国のスパコン応用チームに授与した。写真は神威。

現地時間18日午後に米ミズーリ州セントルイズで開催されたスパコン国際会議「SC21」において、国際計算機学会(ACM)が2021年度のゴードン・ベル賞を中国のスパコン応用チームに授与した。この14人のチームは中国の次世代スパコン「神威」の応用「超大規模量子乱数発生回路リアルタイムシミュレーション」(SWQSIM)により受賞した。ゴードン・ベル賞はスパコン業界のノーベル賞と呼ばれている。

今年は中国から3件のスパコン応用がゴードン・ベル賞に入選した。

1987年に設立されたゴードン・ベル賞は、高性能計算の応用に関する世界最高レベルの学術賞で、「スパコン分野のノーベル賞」と呼ばれている。中国は2016年に初受賞したのに続き、17年と20年にも受賞した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携