ワン・イーボー出演の時代劇ドラマ「風起洛陽」に新たな動き

anomado    2021年11月22日(月) 18時0分

拡大

歌手で俳優のワン・イーボーが出演する時代劇ドラマ「風起洛陽」が配信にかかる番号を無事取得したと報じられ、ネット上で反響が寄せられている。

(1 / 2 枚)

歌手で俳優のワン・イーボー(王一博)が出演する時代劇ドラマ「風起洛陽」が配信にかかる番号を無事取得したと報じられ、ネット上で反響が寄せられている。

その他の写真

同作は、ホアン・シュエン(黄軒)、ワン・イーボー、ビクトリア(宋茜/ソン・チエン)、ソン・イー(宋軼)らが出演。原作はマー・ボーヨン(馬伯庸)の小説「洛陽」で、周(武周)の時代を舞台にしたサスペンス作品だ。ワン・イーボーは、毒殺された父の死の真相を探る貴族の青年、百里弘毅(バイリー・ホンイー)を演じる。

中国メディアの新浪などは22日、同作が配信にかかる「番号」をすでに取得したことが明らかになったと報道。「全40話になる」とも伝えた。今後は、動画配信プラットフォームの愛奇芸(アイチーイー/ iQiyi)のスケジュール調整などを経て、配信となる見通しだ。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、「おめでとう!おめでとう!」「やっとここまで来たね」「配信はいつになるの?」「具体的なスケジュールを早く知りたい!」「早く配信スケジュールを組んで!」「明日にでも配信して!」「今晩でもいいよ」「ようやく百里弘毅に会える」「百里弘毅に期待しています」といった声が書き込まれ、期待値の高さをうかがわせている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携