初めて明かりが灯った張家口の五輪村―中国

人民網日本語版    2021年11月25日(木) 1時0分

拡大

河北省張家口市に2022年北京冬季五輪とパラリンピックのために設けられた張家口冬季五輪村で23日、初となる通常の電力使用に関するストレステストと点灯セレモニーが実施された。

(1 / 5 枚)

河北省張家口市に2022年北京冬季五輪とパラリンピックのために設けられた張家口冬季五輪村で23日、初となる通常の電力使用に関するストレステストと点灯セレモニーが実施された。

その他の写真

張家口冬季五輪村(冬季パラリンピック村)は崇礼冬季五輪コアエリアの中心に位置し、地上の建築面積は約13万5000平方メートル、地下面積は約10万3000平方メートルとなっている。今回のテストは五輪村全域をカバーしており、選手用の宿舎31棟と広場エリアの商業エリア22カ所の電気設備に対し、最大負荷をかける形でテストが行われた。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携