日本にも多数上陸!シャオ・ジャン、アレン・レンら主演の中国ドラマが続々と海外進出

anomado    2022年5月12日(木) 11時0分

拡大

5月に入ってからさまざまなジャンルの中国ドラマの海外進出が目覚ましく、注目を集めている。中国のエンタメメディア・捜狐娯楽が11日付で伝えた。

5月に入ってからさまざまなジャンルの中国ドラマの海外進出が目覚ましく、注目を集めている。中国のエンタメメディア・捜狐娯楽が11日付で伝えた。

記事によると、5月に入り「余生、請多指教」や「重生之門」など中国で話題となったドラマの海外放送が続々と開始されている。

ブロマンス時代劇ドラマ「陳情令」でブレークした中国の人気俳優シャオ・ジャン(肖戦)とヤン・ズー(楊紫)が主演を務める「余生、請多指教」は2日に韓国で放送開始された。同時にアマゾンプライムビデオのラインナップに加わり、ネットフリックスの世界人気配信ランキングにも登場した(アマゾンプライムビデオ、ネットフリックス共に現在は日本での配信はなし)。

9日には、チャン・シャオチェン(張暁晨)主演の「雪中悍刀行」の韓国での放送が開始された。同日、チャン・イー(張譯)とTFBOYSのワン・ジュンカイ(王俊凱)主演の「重生之門」もマレーシアでの放送が開始され、現在すでに台湾、米国、カナダ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、ミャンマーなど多くの国や地域で配信されている。アレン・レン(任嘉倫)とディリラバ(迪麗熱巴)主演の武侠ファンタジードラマ「与君初相識」(前編)・「恰似故人帰」(後編)も同じく9日、タイや韓国に続きアフリカでの放送が開始された。

また、多くのドラマが間もなく海外のプラットフォームに上陸することが明らかになった。ホアン・ズータオ(黄子韜)とソン・ズーアル(宋祖児)主演の「才不要和老板談恋愛」は11日にアフリカで放送開始される。ディリラバとウー・レイ(呉磊)が主演の「長歌行」は13日からシンガポールのテレビで放送される予定だ。スー・シャオトン(蘇暁[丹彡])とワン・ズーチー(王子奇)主演の「御賜小仵作」は23日に、ホアン・ジンユー主演の「破冰行動」は26日に、それぞれ日本で放送されることが决定した。

さらに、リー・シエン(李現)主演の「河神」は6月17日に、ジェン・イエチョン(鄭業成)とチャオ・ルースー(趙露思)主演の「三千鴉の恋歌」は6月26日に日本で放送される予定だ。ヤン・ミー(楊冪)主演の「斛珠夫人」は7月にWOWOWで放送開始される。

記事は、「注目すべきは、かつて人気を集めていた時代劇や都市ドラマだけでなく、サスペンスドラマや軍隊ドラマも今回の海外進出ブームで躍進し、海外市場から注目されていることだ」とし、「中国ドラマが海外に進出することは、文化が海外に進出することを意味し、中国の物語の魅力と価値を明らかにしている。ますます多元的な題材が海外進出の足取りを速め、中国ドラマの影響力がどんどん増していることを表している」と伝えた。(翻訳・編集/刀禰)

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携