【UNICODE】メンバー全員日本人のK-POPアイドルお披露目「東京ドームが目標」 06-22 17:03
バスケ男子 比江島が左すね付近にアイシング 第2Q相手と交錯「痛い、いや…大丈夫です」 06-22 17:04
816馬力のオフロード電動SUV『猛士917』、映画とコラボの特別モデル予約開始…中国東風猛士 06-22 16:55
【大雨情報】中国地方は梅雨入り早々「大雨モード」 あす夕方まで24時間150ミリ 特に広島・島根は “警報級の大雨”に 土砂災害の危険度高まるおそれ【30分ごと降水シミュレーション】 06-22 16:54
全員日本人の異色の5人組K-POPグループ「UNICODE」夢は「東京ドーム!」7月日本デビュー 06-22 16:55
中国地方と北陸で梅雨入り、あさってにかけ西日本から東北で大雨の恐れ 06-22 17:03
“全員日本人”K-POP女性グループUNICODE 日本お披露目で「TWICEさんのように大きなステージに」 06-22 16:49
中国南部で大雨 少なくとも57人が死亡か 広東省、福建省などで洪水・土砂災害 06-22 17:04
「脱走」イ・ジェフン&ク・ギョファン、”強烈な追撃戦”レビューポスターと”極限それ以上!”予告編公開 06-22 16:43
フルーツの皮でドリップ⁉ UCCが最新のアイスコーヒー事情を発信 スッキリした味わいにZ世代が支持 アジアの新潮流も紹介 06-22 16:39

日本にとって外国人留学生は10年後も「国の宝」なのか?―華字メディア

Record China    2023年10月7日(土) 21時0分

拡大

2日、日本華僑報網は日本政府の外国人留学生に関する政策を分析する記事を公開した。

2023年10月2日、華字メディアの日本華僑報網は「首相から国の宝とまで言われた日本の外国人留学生は今後10年でどのような待遇を受けるのか?」として、日本政府の外国人留学生に関する政策を分析する記事を公開した。

記事は初めに、日本政府の留学生に関する現在の施策について紹介。「今年3月に岸田文雄首相や松野博一内閣官房長官などが参加し開かれた教育未来創造会議で、10年後の2033年までに海外に留学する日本人学生を50万人に、外国人留学生受け入れを年間40万人にそれぞれ増やす新しい目標が示された。それから半年後の先月5日、日本政府はさらに具体的に、外国人留学生受け入れ規模の拡大と就職の際の待遇改善という二つの観点から、10年後までに毎年平均50万人を受け入れ、現在40%台にとどまっている外国人留学生の国内就職率を60%まで高める目標を新たに示した」「4月から始まった在留資格の『特定活動』の『未来創造人材』枠の滞在期間を90日から2年に延長するほか、一定の要件を満たす国内大学を卒業した留学生もこの資格対象に加えることで、卒業後も日本で働きやすくする環境を整えるという」などと説明した。

記事は「受け入れ規模の拡大よりも、就職率の向上は海外各国の留学生へ直接的なアピールになり、日本が留学生をどれだけ重視しているかを見て取ることができる」と述べた。その上で、「留学ではなく、日本の語学学校で勉強しながら働きたい人」向けとして、「語学学校をうまく選ぶことでその夢を実現することができる。日本政府は今後、日本語学校を卒業した外国人留学生が就職活動するのに必要な在留資格を取得しやすくする新制度を来年から施行する予定だ。出入国在留管理庁は毎年1回、直近3年間留学生の受け入れで問題がない語学学校を『適正校』として選定している。適正校に選ばれた学校が留学生に推薦状を出すことで、在留資格を『留学』から就職活動が可能な『特定活動』に切り替えることができる。新制度では適正校の申請資格が『3年』から『1~2年』に変更になる」とし、「留学生にとっては選択肢が広がり、語学学校にとっても留学生を呼び込みやすくなる新制度だ」と指摘した。

そして「適正校」の条件として、学校側は不法残留など問題のある留学生を在籍者全体の5%以下に抑えなければならないが、今年7月時点で831校の日本語教育機関のうち、85%が適正校で、昨年9月時点の75%から増えている点を紹介し、「日本の留学環境が正常化しつつある。将来10年にわたって、日本政府は光り輝くような留学環境を準備するようだ。やはり、留学生は日本にとって『国の宝』なのだろう」と述べた。(翻訳・編集/原邦之

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携