南太平洋ソロモン諸島の総選挙 親中国路線の与党 過半数獲得ならず 04-23 01:52
核保有国間の軍事衝突リスクを警告、ロシア外相 「瀬戸際に」 04-23 01:48
“日韓戦”に敗れたU23日本代表、主将の藤田譲瑠チマ「この敗戦を無駄にしないように…」 04-23 01:21
U-23日本代表が主導権を握るも敗戦…荒木遼太郎「ゴール前の決定力、それだけだと思います」 04-23 01:17
セットプレーからの失点を悔やむ松木玖生、カタール戦へ意気込み「絶対にパリへの切符を掴めるように、強い気持ちを持って日本に勝利を届ける」 04-23 01:16
U23日本代表、大岩剛監督「勝ちたかったが、次の試合があるので切り替えたい」 準々決勝は開催国のカタールと対戦が決定 04-23 01:15
インドネシア大統領選 プラボウォ国防相の当選確定 憲法裁「法的根拠なし」異議を却下 04-23 01:42
「バラバラにならないように」敗戦を受けて気を引き締めるキャプテン・藤田譲瑠チマ、負けられない戦いへ「優勝を持ち帰りたい」 04-23 01:31
[NAB2024 Booth]アドビ、Premiere Proのテキストスタイル強化を紹介 04-23 01:04
「日本に勝利を届けたい」苦しい展開も活性化させた松木玖生、カタールとの決戦へ意気込み「絶対にパリの切符を掴めるようにする」 04-23 01:31

〈新時代の新疆ウイグル自治区1〉自信あふれる馬興瑞書記、艾尓肯・吐尼亜孜主席

小島康誉    2023年10月5日(木) 15時30分

拡大

日中関係は冷え込んだままの今こそと老体に鞭打って4年ぶりに訪問。写真は中国共産党中央政治局委員で新疆ウイグル自治区トップの馬興瑞書記との会見を報じる「新疆日報」。

(1 / 3 枚)

日中関係は冷え込んだまま。昨年は「日中国交正常化50周年」、今年は「日中平和友好条約締結45周年」、しかし祝賀ムードは殆どない。米中対立・領土問題・処理水問題など、さらにはコロナ禍で相互往来が途絶えていたことも一因であろう。筆者も2019年9月を最後に、新疆を訪問できなかった。

その他の写真

中国についてはいろんな報道がされている。新疆についても多数報じられている。1982年から新疆を150回以上訪問し、多民族諸氏とリスペクトしあって、世界的文化遺産保護研究や人材育成など多数の国際協力を通じて、相互理解促進を実践してきた一庶民からすると、それらの報道は一面的で色眼鏡的で不正確な部分も多いと感じている。

日中関係は冷え込んだままの今こそと老体に鞭打って4年ぶりに訪問。9月11日出発し10月2日帰国した。その間に中国共産党中央政治局委員で新疆ウイグル自治区トップの馬興瑞書記と会見、新疆ウイグル自治区政府の艾尓肯・吐尼亜孜主席による歓迎宴出席、新疆文化観光庁庁長夕食会出席、新疆大学小島奨学金と新疆小島文化文物優秀賞授与、シルクロード児童育英金と図書贈呈、新疆活動40年記念講演、新疆活動40年記念答礼宴、ウルムチ・コルラ・ルオチェン・チエモー・ミンフゥン・ホータン・カシュ・アクス・クチャ・ハミを視察、各地政府夕食会出席、キジル千仏洞とニヤ遺跡の変化状況把握、タクラマカン沙漠一周鉄道完乗、取材多々受け、新疆政府外事弁公室主任見送り宴出席などの活動を行った。「日本への見方も少し変わった」「日本にもいろんな人がいることが分かった」などの声もいただいた。相互理解促進の一助となればと願うばかり。

10回にわたり新時代の新疆ウイグル自治区を紹介させていただく。馬興瑞書記との会見は12日午前、新疆迎賓館で約1時間にわたり行われた。艾尓肯・吐尼亜孜主席や張春林副書記・孫紅梅副主席・李柯勇党副秘書長・徐貴相外事弁公室書記・李国良教育庁書記・徐鋭軍文化観光庁書記らが参加した。

馬興瑞書記との会見を報じる「新疆テレビ」、正面右が馬書記、その右が艾尓肯主席

馬興瑞書記は「貴方は40年にわたり新疆の発展に興味を持ち、教育・文化事業発展に大きな援助を行い、日本で新疆への理解促進に努力し、相互交流と合作に尽力した。我々は感動しており、心から感謝する。新疆は現在、発展の重要な時期にあり、習近平国家主席は8月26日ウルムチで重要精神を示した。すなわち新時代の中国共産党の新疆政策を完遂し、長期にわたる安定と発展を図り、中国式現代化で、更に良い新疆を建設する。全力で改革発展安定政策とともに往来を積極化し国際協力を増進する。貴方はこれまで同様に新疆に関心を持ち支持し貴重な意見を多く提出し、各方面事業の発展と日本との交流に力を発揮してほしい」などと力強く挨拶された。

筆者は「コロナ禍で訪問しなかった間も新疆の発展に関心を持ち、ネット・出版・講演などを通じて新疆紹介に全力をあげてきた。例えば、馬興瑞書記が就任されたのは2021年12月25日だが、天山網で報道された直後に、ネットで略歴をふくめて紹介した。習近平国家主席の昨年7月と今年8月の新疆考察やタクラマカン沙漠一周鉄道開通も紹介した。また8月31日、大阪で開催された新疆文化観光庁と中国駐大阪総領事館の『新疆文化と観光交流イベント』では新疆の発展ぶりなどを挨拶し、これもネットで発表した。日本などでの新疆に関する報道は色眼鏡的であり、不正確な部分が多いとネットで発信している。新疆は一帯一路の要衝として益々重要になる」などと挨拶した。これに対して、馬興瑞書記は「訪問活動を支持する。要求があれば何でも言ってほしい。何でも協力する」などと熱心に語り続け、各部門責任者に指示された。

艾尓肯・吐尼亜孜主席による歓迎宴は13日夜、崑崙賓館で1時間余行われた。艾尓肯・吐尼亜孜主席は「ホータンで河北省党政代表団と活動して今、ウルムチへ戻った。貴方は私の古い友人で新疆の多方面に多大な時間と資金と知恵を投入してくれた。新疆各民族は忘れない。馬興瑞書記の指示もあり活動を全面的に支援する。私は青年時代に日本へ行ったことがある。習慣などの違いで双方が気をつかったが、楽しい思い出だ」などとエネルギッシュに挨拶された。

艾尓肯・吐尼亜孜主席による歓迎宴前の温かい握手、主席左が孫紅梅副主席

筆者は「長年の支持に感謝している。2005年資金協力したホータン博物館の開館式ではホータン地区専員(地区政府のトップ)として、2015年新疆大学小島奨学金授与式では新疆政府副主席として、温かいスピーチをいただいた。主席に就任された2021年9月30日直後にネットで紹介記事を出した。今後も相互理解促進へ微力を尽くすので、よろしくお願いしたい」などと拙い中国語と日本語で挨拶した。濃厚な時間が楽しく過ぎていった。

サプライズ:馬興瑞書記と会見した夜は新疆文化観光庁のグリ庁長による夕食会、10人ほどでワイワイ団欒していると、流れぱなしだったテレビが馬興瑞書記との会見のニュース。一同「オー」と歓声を上げ乾杯! 艾尓肯・吐尼亜孜主席歓迎宴では主席の音頭で乾杯、「ずいぶん甘い赤ワイン」と思ったら何と「ザクロ」のジュース。行事などの簡素化を定めた「八項規定」にそい、また団結のシンボルとしても使用していると。各地での夕食会もすべて「ザクロ」のジュースだった。

■筆者プロフィール:小島康誉


浄土宗僧侶・佛教大学内ニヤ遺跡学術研究機構代表・新疆ウイグル自治区政府文化顧問。1982年から新疆を150回以上訪問し、多民族諸氏と各種国際協力を実施中の日中理解実践家。
ブログ「国献男子ほんわか日記」
<新疆は良いところ>小島康誉 挨拶―<新疆是个好地方>
書籍はこちら(amazon)
小島康誉氏コラム

※本コラムは筆者の個人的見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携