「3分の2はゴールの内側に入っていた」“山下の1ミリ”を本人が解説「振り返った時に...」 02-29 07:07
【感染症ニュース】39歳「咳が強く、息苦しい…。脈拍1分間に138回」 検査結果は、昨年から中国で急速に患者数が増加しているマイコプラズマ肺炎 02-29 07:06
【社説】政倫審巡る混乱 首相の出席、違和感拭えない 02-29 07:05
「親の貯蓄を切り崩したのに裏切られた」 旧統一教会つぼ購入で1000万円被害 広島の元信者2人、損害賠償の交渉申し入れへ 02-29 07:00
なでしこ救った好守…山下スーパーセーブ回想、副審へ“ノーゴール”「アピールした」 02-29 06:57
パリ五輪女子サッカーの出場国が続々決定! 日本のほかアメリカ、スペイン、ドイツ、ブラジルなど10か国が熾烈な予選を勝ち抜く! なでしこJの“天敵”は予選敗退へ 02-29 06:52
「大変申し訳ない」パリ五輪行きを逃した北朝鮮、指揮官が会見で涙し謝罪…判定には「釈然としない部分はある」 02-29 06:56
越境ECが急成長、少数言語話せる人材が引っ張りだこに―中国 02-29 06:43
なぜ回答を拒否? 北朝鮮女子監督、試合後の会見騒動に質問の韓国記者が言及 02-29 06:43
「いらないものだと思った…」住宅の風除室から草刈り機など盗む 中国籍の男女逮捕 02-29 06:43

〈新時代の新疆ウイグル自治区5〉鉄道開通で大飛躍始まるルオチェン・チエモー・ミンフゥン・ホータン

小島康誉    2023年11月3日(金) 22時10分

拡大

新疆全図に、右よりルオチェン(若羌県)・チエモー(且末県)・ミンフゥン(民豊県)・ホータン(和田地区)の行政区域をパソコン上で強調。

(1 / 9 枚)

新疆の南部に広がるタクラマカン沙漠は実に広い。古より「死の海」と恐れられてきた。往来も困難で、人が生活するのは容易ではない。タクラマカン沙漠は南新疆の発展の足かせとなっていた。沙漠北縁に所在するコルラから鉄道は西へ順次延長され、アクス・カシュ・ホータンまで営業していた。またコルラから南方ルオチェンを通り、青海・チベットなどへの路線も営業していた。沙漠南縁のルオチェン(若羌)・チエモー(且末)・ミンフゥン(民豊)・ホータン(和田)の間は結ばれておらず、新疆の南東部の発展は遅々としていた。

その他の写真

この間を結ぶ「和若鉄路」が昨年6月に開通し、タクラマカン沙漠一周鉄路2712kmが完成した。これにより沿線都市の大飛躍が始まった。タクラマカン沙漠は「希望の海」となった。以下は一周鉄路を利用して視察した順に各都市の印象など。

◆楼蘭の美女が招くルオチェン:若羌は巴音郭楞蒙古自治州(巴州)の南東部にあり、北はトルファン・ハミ、東は甘粛・青海省、南は西蔵自治区に接している。「巴州の希望は若羌にあり」と言われるように巴州最大の面積(江蘇・浙江省計とほぼ同じ)。人口約8万、石油・カリウム肥料など産出し、農業では「ナツメ」に注力。有名な「楼蘭遺跡」があり、出土したミイラ「楼蘭の美女」像を中心とした公園や「楼蘭博物館」などが知られている。筆者は30年ほど昔、楼蘭遺跡参観時に訪れたが、街の整備が進み樹木が増えていた。

「私はルオチェンで貴方を待つ」、美女は楼蘭仏塔を向いている

ナツメ農場で働く人々の家は豪華な二階建て

◆玉で売り出すチエモー:且末は巴州の南部にあり、北はウェリ・アクス、東はルオチェン、西はミンフゥン、南は西蔵自治区に接している。人口約10万。これまでは南新疆の過疎的小都市だったが、沙漠一周鉄路開通の経済効果を最も受ける都市となった。南方の崑崙山脈からハッパなどで取出される「山料玉」の大半がホータンへ運ばれ「ホータン玉」の名で知られていたが、今後は「且末玉」としてPRすると副書記、玉探しイベント計画などを熱っぽく語った。石油・天然ガス探査も精力的に行われている。新疆40年の筆者も初訪問。

踊って歓迎してくれたウイグル幼女、6歳で確かな中国語

玉石街の一角、コロナ禍で閉店した店も多い

◆818精神で躍動するミンフゥン:民豊は和田地区の東端にあり、北はアクス、東はチエモー、西はユテン、南は西蔵自治区に接している。人口約4万。今も旧名の尼雅(ニヤ)と呼ぶ人も多い。沙漠乾燥地帯で最大の課題である水不足を解消するため崑崙山脈の氷河からの水を活用するダム建設が1966年8月18日に開始され、71年8月18日に完成、818工程と称されている。水不足を解消した「818精神」は今も人々の力となっている。日中隊が「五星出東方利中国」錦を発掘したニヤ遺跡は町から約120km北方の大沙漠に所在。

ミンフゥン発展の原動力となった818ダム

無料オートキャンプ場を利用し2カ月旅行中の江蘇省の人

◆熱気あふれる玉都ホータン:民豊をふくむ和田は北はアクス、西はカシュ、南は西蔵自治区とカシミールに接している。和田地区人口は約250万。古来より西域南道の宿場として栄えた。石炭・石油・銅・綿花・小麦・観光産業が盛ん。崑崙を源とする白玉河と黒玉河を流れ下る「ホータン玉」は有名で中国歴代の皇帝が寵愛し、今も珍重されている。「玉座」「玉璽」「玉石混合」「完璧」などに「玉」の字が。2020年に新しい和田博物館が竣工し、筆者が2005年に寄贈した和田博物館はメディアセンターとして使用されている。

「ヨートカン故城劇場」での華やかなショー、題材は「桑種西漸伝説」とか

和田博物館ロビーに我々日中調査隊発掘の「五星出東方利中国」錦がデカデカと、ビックリ&感謝

サプライズ:ルオチェンへ出発する前日、コルラで女性が「小島先生ですね」と話しかけてきた。「報道で新疆へ来られていることを知った。30数年前にコルラ近くのパルンタイで、父親と一緒に会った」とスマホに保存している写真を見せてくれた。確かに筆者が写っていた。微かに記憶の糸を手繰った。両親はすでに他界し、妹と頑張っていると。コルラ政府の歓迎夕食会で、親を想う歌を涙うかべて中国語とモンゴル語で唄ってくれた。全員が感謝を込めて拍手した。

■筆者プロフィール:小島康誉


浄土宗僧侶・佛教大学内ニヤ遺跡学術研究機構代表・新疆ウイグル自治区政府文化顧問。1982年から新疆を150回以上訪問し、多民族諸氏と各種国際協力を実施中の日中理解実践家。
ブログ「国献男子ほんわか日記」
<新疆は良いところ>小島康誉 挨拶―<新疆是个好地方>
書籍はこちら(amazon)
小島康誉氏コラム

※本コラムは筆者の個人的見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携