[NAB2024 Booth]アドビ、Premiere Proのテキストスタイル強化を紹介 04-23 01:04
「闘魂と執念が生み出した勝利」韓国代表、“魂”の大岩J撃破で韓メディアが喝采!「頭でシュートを防ごうと...」【U-23アジア杯】 04-23 01:00
U-23日本の明暗分けた“セットプレー” 松木玖生が反省「後半は押し込んだと思うけど悔しい」 04-23 00:52
【U―23】日韓戦敗れ8強相手は最強カタール ネットでは悲観論「勝てる気しない」 04-23 00:47
韓国戦の失点シーン、なぜGK野澤は飛び出したのか。細谷の不振を象徴した場面が…【U-23アジア杯/コラム】 04-23 00:45
U-23日本、日韓戦で惜敗…キャプテン藤田“一丸”誓う「この敗戦でバラバラにならないように」 04-23 00:43
「どこであろうと厳しい」韓国に敗れた日本、大岩剛監督はカタールとの大一番へ「想定して準備したい」 04-23 00:48
U-23日本、韓国に敗戦も気持ち切り替え 決勝トーナメントへ大岩監督「厳しい戦いが始まる」 04-23 00:40
「狂気の采配が当たった!」宿敵・日本に競り勝った韓国代表を母国メディアが大絶賛!「実利と尊厳の両方を手にした」【U-23アジア杯】 04-23 00:59
「厳しい戦いが始まる」韓国に敗れて2位通過の大岩ジャパン。開催国カタールとの一戦を見据え、指揮官は何を語った?【U-23アジア杯】 04-23 00:35

日本の自動車メーカーは本当に衰退したのか―中国メディア

Record China    2023年12月7日(木) 8時0分

拡大

4日、騰訊網に、「日本の自動車メーカーは本当に立ち行かなくなったのか」について論じた文章が掲載された。

2023年12月4日、騰訊網に、「日本の自動車メーカーは本当に立ち行かなくなったのか」について論じた文章が掲載された。

文章は、今年1〜10月における日産の乗用車と小型商用車を含む中国販売台数は前年同期比33.1%減の62万台となり、15カ月連続で前年割れしたことを紹介。トヨタホンダも電動化時代の到来の前で程度こそ異なれ厳しい状況に追いやられているとした。

そして、日本車は依然として燃料モデルを主力としているため、中国ブランドによる市場シェアの蚕食を眺めていることしかできない状況だと主張。その最たる例が、三菱自動車の中国市場撤退だとし、東風日産製造本部の専任副本部長である魏建彬(ウェイ・ジエンビン)氏も「合弁会社は新エネ戦略で確かに遅れており、中国自動車市場の変革に追いつけていない」と語ったことを伝えている。

その上で、日系車が中国市場で放ってきたオーラは新エネルギー時代の到来によってこの2年間で消え始めているようだとし、世間で言われているように中国市場においては「日本車は本当にダメ」だと評した。その一方で、世界市場を見ると日本の自動車メーカーはなおも相当の利益を上げていると指摘。トヨタが先日発表した24年3月期の第2四半期決算で営業収益が前期比24.1%増の21兆9816億円、営業利益が同2.24倍の2兆5592億円に達し、今年4〜9月の世界生産・販売台数も500万台を超えて、24年の販売目標を1138万台と発表したことを紹介した。

文章は「世界一の自動車メーカーであるトヨタは電動化移行については依然としてパッとしないが、決算の数字を見ると収益力には何ら影響しないことが見て取れる」と評した。(翻訳・編集/川尻

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携