「日本との対立を長引かせてはならない」韓国元国家情報院長にネット「それができれば苦労しない」「心からの謝罪が必要」

Record China    2019年5月21日(火) 16時0分

拡大

20日、韓国・マネートゥデイによると、韓国の李鍾賛元国家情報院長が日本との政治・外交関係について「日本との対立を長引かせてはならない。慰安婦や強制徴用などの歴史と現在の外交関係を分けてツートラックで進むべき」との考えを示した。写真は韓国国会。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携