<コラム>三国志時代の銅貨幣から邪馬台国を検証する

工藤 和直    2019年6月6日(木) 23時20分

拡大

(1 / 3 枚)

橿原考古学研究所は天理市の黒塚古墳(3世紀後半)から平成9年~10年にかけて出土した33面の「三角縁神獣鏡」が蛍光X線分析から中国で製作された可能性が高いという結論を出したが、中国のどこでいつ作られたのかの結果はあれから半年を経たが出ていない。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携