<コラム>楊貴妃の再来といわれた“壇れい”と宝塚温泉“分銅屋旅館”の一世紀

工藤 和直    2019年12月13日(金) 23時0分

拡大

(1 / 3 枚)

今でこそ“宝塚(たからづか)”と言えば、日本全国その名を知らぬ者が居ない程有名になったが、その名前を公式に用いたのは明治20年(1887年)6月に開業した温泉場に“宝塚”の名前を使った小佐治豊三郎である。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携