<コラム>蘇州城内にある、愛と悲しみの「張香橋」と「胡廂使橋」

工藤 和直    2020年2月4日(火) 23時50分

拡大

(1 / 2 枚)

唐時代、白居易の漢詩には「紅蘭390橋」とあり、南宋時代「平江図」には蘇州城内359の橋が刻まれている。現在、筆者が足で調査するに172橋があり、現在も同じ位置に存在が確認できるのは85橋である。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携