韓国でも新型コロナ対応の職員が自殺か=法務部所属の30代男性、漢江に架かる橋から「極端な選択」

Record China    2020年2月25日(火) 18時40分

拡大

韓国で25日早朝、新型コロナウイルス感染症の対応業務に就いてた法務部所属の30代の男性が、ソウルの漢江に架かる銅雀大橋から「極端な選択」をして死亡しているのが確認されたという。写真は漢江。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携