「日本のパクリ」で話題、メイソウCEOが「商品から基準値の1400倍の発がん性物質」に初めてコメント

Record China    2020年10月30日(金) 9時40分

拡大

28日、観察者網は、日本の雑貨店の「パクリ」とやゆされてきた中国の名創優品(メイソウ)が販売したマニキュアから発がん性物質が見つかった問題について、同社の創業者が初めてコメントしたと報じた。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携