対馬の盗難仏像引き渡し訴訟二審に被害者の寺参加、韓国政府が促す、一審は「略奪」と判断

Record China    2020年12月26日(土) 8時20分

拡大

長崎県対馬市の寺から盗まれ、韓国に持ち込まれた仏像をめぐる訴訟の控訴審に被害者の寺が参加する。一審は「日本に略奪された」と判断。参加は韓国政府が促したという。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携