新疆産の綿花をめぐるボイコット、香港や台湾の芸能人もイメージキャラクター離脱が相次ぐ

anomado    2021年3月26日(金) 17時20分

拡大

新疆ウイグル自治区での人権問題に絡み、同区産の綿花の使用を停止することを表明したアパレル企業について25日、台湾や香港の芸能人からもイメージキャラクターの契約打ち切りの表明が相次いだ。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携