「嫦娥五号」搭載の種もみ、苗を試験田に移植

CRI online    2021年3月30日(火) 15時40分

拡大

(1 / 2 枚)

華南農業大学の研究チームは29日、中国の月探査機「嫦娥五号」に搭載された種もみから育った苗を温室から屋外の試験田に移植しました。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携