【CRI時評】新疆産綿巡る米国など西側の茶番劇は人権ではなく覇権のため

CRI online    2021年3月31日(水) 11時40分

拡大

現在、中国・新疆産の綿を巡る米国などの西側による茶番劇が上演中だ。一部の欧米企業は「強制労働」といううそに基づいて新疆産の綿を使用しないと明言している。

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携