卓球の世界チャンピオンになった中国人選手が116人に―中国メディア

人民網日本語版    2021年5月8日(土) 15時30分

拡大

中国卓球協会の統計によると、今年4月の時点で、中国人選手116人が卓球で世界チャンピオンになり、金メダル244枚を獲得してきた。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携