台湾、新型コロナの「市中感染」で対策強化、中華航空は操縦士ら順次14日間隔離

Record China    2021年5月14日(金) 14時20分

拡大

台湾が新型コロナの感染防止対策を強化した。海外渡航歴のない感染が確認され、市中感染と判断したためだ。操縦士らの感染が相次いだ中華航空は乗務員を順次、14日間隔離する。中華航空

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携