謎めいた中国四川省の三星堆遺跡、新たに出土した国宝級文化財公開

CRI online    2021年9月30日(木) 16時50分

拡大

(1 / 6 枚)

三星堆は約5000~3000年前に栄えていた古代蜀国の都の遺跡で、現時点で南西部において継続時間が最も長く、管轄範囲が最も広い古代政権の遺跡です。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携